2006年10月03日

今日は

クッキーの一周忌です。

P506iC0151781430.jpg

心臓病で12歳で亡くなったシーズーの男の子
悲しい別れでした。
ウィルはクッキーの生まれ変わりと信じている家族。
健康で長生きしてね。

ニックネーム ウィルママ at 10:55| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
白イルカさんとこもわんちゃんいたんですね〜
小型犬で12歳だったら、まだまだ若いですよね
天国でちゃんとウィルちゃんのこと見守っててくれますよ!
うちも前のワンコとその前のワンコがアンディのことちゃんと見守っててくれると信じてます
Posted by みり at 2006年10月03日 20:55
私は初めてPoppyを飼いました。
それまで犬を飼ったことありませんし、
どっちかと言うと苦手な方でした。
田舎に引っ越して知人もいないし、
番犬にもなるかとPoppyを家族に迎え入れましたが
もう今ではなくてはならない存在です。
まさに目に入れても痛くない!
だから、Poppyとお別れの日が来るなんて
考えたくもないのですが 必ずきてしまいますね。
(勿論私が先かもしれないし)
ヤダヤダ、こういう話するだけで、泣けてきちゃう。
どこのワンコちゃんもみんなみんな元気で長生きしてほしいです。
クッキーくんも幸せな生涯でしたね。
Posted by Poppyのかーちゃん at 2006年10月03日 21:23
前にワンコをかわれていたんですね。ウィル君もクッキーちゃんの匂いに気づいているとおもうし、クッキーちゃんも優しく空からみてくれているんでしょうね。
クッキーちゃん、ふんわりしていてとっても可愛らしいですね。ウィルママさんご家族の暖かい愛情を感じますよ!
幸せな子は写真の中でもしっかりわかりますよね!
Posted by Sho at 2006年10月03日 22:17
みりさん、アンディくんの事を見守ってくれているって心強いですよね。ウィルも丈夫に、健康に育ってくれるように、クッキーがしっかり見ててくれてますね。
Posted by ウィルママ at 2006年10月04日 20:07
Poppyのかーちゃん、私も初めは生き物全体が苦手でした。世話が面倒だったからだと思うのですが。。。だからクッキーが死んだ時、自分でも信じられないほど悲しくて、私はちゃんとクッキーを可愛がってあげてたか、もっと遊んであげれば良かったとか、後悔ばかりしてました。ウィルを迎えた今、クッキーにしてあげられなかった事をいっぱいしてあげたいと思ってます。あ、でもしつけは厳しくやってきます(笑)
Posted by ウィルママ at 2006年10月04日 20:18
Shoさん、クッキーが幸せだったと言ってくれてありがとうございます。
クッキーの事はもっといっぱい書こうと思ってたのですが、やはり文章にしようと思うといろいろあって無理でした。
次にワンコを迎えようかどうか悩んだ私でしたが、でもウィルを迎えてからはクッキーの元気だった頃をよく思い出すようになりました。「クッキーもこんな事してたよね〜」って。ウィルはクッキーに生まれ変わって家族にまた笑顔をプレゼントしてくれてます^^
Posted by ウィルママ at 2006年10月04日 20:34